「おいしいビールが飲める理由」

群馬県中部管内では、5月下旬から麦の収穫シーズンを迎えます。

 

 

うどんなどの麺用として使われる小麦をはじめ、ビールの原料になる二条大麦、押し麦・麦茶用の六条大麦が栽培されていて、ビール麦の収穫を皮切りに収穫作業は6月中旬まで続きます。

 

当たり前のことですが、私たちが普段おいしいビールが飲めるのは、麦を育て収穫してくれる生産者の方たちがいるからなんですね。

 

 

もちろん、群馬県内にもいくつかある、ビール工場でビールを製造してくれている方々がいることも忘れてはいません。

 

そんなことを想い感謝しながら、暑い日も多くなった今日この頃、今日もおいしいビールをいただきたいと思います。

 

地域

中部管内

 

時期

5月中旬~

 

写真提供 群馬県





カテゴリで探す