「意外と知らない群馬の蕎麦事情」

渋川地域は県内一のそば産地で赤城西麓から南麓にかけて100ヘクタール以上の夏そばが栽培されています。

 

100ヘクタールを東京ドームの数に変換すると約21個分の大きさになり、その広さも想像しやすいのではないでしょうか。

 

そんな群馬県のそばですが、実は蕎麦研究家の片山虎之介さんと蕎麦鑑定士が選んだおいしいそば産地大賞2020で、第5位に選ばれています。

 

県内にお蕎麦屋さんも多数あり、納得する方も多いと思います。

 

5月中旬から下旬にかけて、そばの花は開花の最盛期を迎えます。

 

 

赤城山のすそ野に広がるそばの花は純白の絨毯のようで、そば畑から望む榛名山麓は最高のロケーションとなっています。

 

 

暖かい日も多くなってきたので、ドライブがてらにそばの花を見て、帰りにおいしいおそばを食べるのはいかがでしょうか。

 

地域

渋川市(赤城町・北橘町)

 

時期

5月中旬~下旬

 

写真 群馬県提供





カテゴリで探す